Mein Haus【草津市:S様邸】




ご主人はドイツ人。たくさんの話し合いをかさねて、たっぷり時間をかけて計画したMein Haus(おうち)が完成しました。

ゆったり・・開放的に・・が、施主様のねがい。
2階のフリースペースから見下ろせるリビング。
大きな太い梁にはライトをあてて、木に囲まれている安心感を大切にしました。

あちらこちらに 子どもたちの居場所があり、子どもたちの楽しみがあります。
それぞれの場所には おかたづけも簡単にできるように工夫されています。

1階の屋根の上は草屋根になっています。
2階の屋根に作られることが多い草屋根ですが、1階の屋根の上なら窓から簡単に出入りできるので、より身近で楽しそうです。

ウッドデッキで編み物をしながら、庭で子供たちが遊ぶのをながめたり・・。

庭には子ども達と一緒に植えた樅の木。
毎年、クリスマスの訪れとともに、子どもたちも樅の木も大きく成長していくのを きっと 実感できますね。

関連施工事例

  1. 草津市 ペレットストーブとサンルームの家

    草津市 ペレットストーブとサンルームのある家【草津市 Tさま】

  2. ゆるやかな階段の家【A様邸】

    2階に上がる階段ですが、勾配が通常の住まいよりもゆるくなっています。これはお施主様の身内の方が階段から落ちて大きなケガをされたという体験があり、このような階段計画となりました。

  3. 草屋根のあるCozyな家【Y様邸】

    「屋根に登ってびわ湖を見たい!」こんな夢のような草屋根の家が完成しました。天窓から屋上に上がれ、四季折々のびわ湖や比良山の景色が堪能できます。又、トイレも、生ゴミも一緒に処理し堆肥として土に戻すコンポストトイレを採用。内部も"木と紙の空間づくり"を実現しました。県内初めての草屋根の家です。

  4. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  5. 森の精気に包まれる住まい【I様邸】

    カントリーハウスに憬れておられたⅠ様。玄関を開けると、心安らぐ木質感とふわりと包み込むような香り。大好きなものがとても自然にその場にある。まるで、「お帰り」と心に語りかけるように・・・。 そこは、決して「モデルハウスのように素敵な家」ではなく、「Ⅰさんご家族の家ですよ」と感じさせる家です。

  6. 双子ちゃんの平屋【O様邸】

    ゆるやかに時間の流れる伊吹山のふもとの、ふたごちゃんの平屋。2年の月日を重ねて、ひとつひとつを楽しみながら建てられた家は、いっそうの愛着のある家となりました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る