Mein Haus【草津市:S様邸】




ご主人はドイツ人。たくさんの話し合いをかさねて、たっぷり時間をかけて計画したMein Haus(おうち)が完成しました。

ゆったり・・開放的に・・が、施主様のねがい。
2階のフリースペースから見下ろせるリビング。
大きな太い梁にはライトをあてて、木に囲まれている安心感を大切にしました。

あちらこちらに 子どもたちの居場所があり、子どもたちの楽しみがあります。
それぞれの場所には おかたづけも簡単にできるように工夫されています。

1階の屋根の上は草屋根になっています。
2階の屋根に作られることが多い草屋根ですが、1階の屋根の上なら窓から簡単に出入りできるので、より身近で楽しそうです。

ウッドデッキで編み物をしながら、庭で子供たちが遊ぶのをながめたり・・。

庭には子ども達と一緒に植えた樅の木。
毎年、クリスマスの訪れとともに、子どもたちも樅の木も大きく成長していくのを きっと 実感できますね。

関連施工事例

  1. 4世代で住まう家 U様邸【U様邸】

    核家族の多い中、4世代で住まう家。リビングには大きな吹き抜けがあります。蓄熱式の床暖房を設置し、オール電化で計画。断熱材にはセルロースファイバーを壁、床、屋根に充填、高断熱仕様です。 壁はすべて珪藻土、内装には国産の杉板を使用しました。

  2. 西洋アンティークの家【T様邸】

    時をかけて集めてこられたアンティーク。時をかけて育んでこられた家への思い。置物ひとつ、家具ひとつの置き場所にも、またそれらが生き生きとする壁紙 やライトや内装にも、一つ一つにこだわりを持ち、繰り返し打ち合わせを重ねながら夢が形へと変わっていきました。

  3. 森の精気に包まれる住まい【I様邸】

    カントリーハウスに憬れておられたⅠ様。玄関を開けると、心安らぐ木質感とふわりと包み込むような香り。大好きなものがとても自然にその場にある。まるで、「お帰り」と心に語りかけるように・・・。 そこは、決して「モデルハウスのように素敵な家」ではなく、「Ⅰさんご家族の家ですよ」と感じさせる家です。

  4. ゆるやかな階段の家【A様邸】

    2階に上がる階段ですが、勾配が通常の住まいよりもゆるくなっています。これはお施主様の身内の方が階段から落ちて大きなケガをされたという体験があり、このような階段計画となりました。

  5. 比良山の見える家【N様邸】

    私たちの家作りは、ご家族の話を聞くことから始まります。比良山系を望む絶好のロケーションにほれ込んだお施主さまご夫婦のご希望は『シンプルな暮らし』でした。 四角形の箱を組み合わせたような家の形と、収納と人の動線を考えあわせた間取りは、一見すっきりとした印象。

  6. 大きな地松の梁がみえるロフトのある家【H様邸】

    逆転の発想からはじまるステキなリビング。駅まで徒歩圏内、40坪の土地に家族4人が住まう家を建てました。窓を開ければ、隣の家の窓・・・、という環境で、1階にリビングを持ってくると、光や広さ・動線などに制約がでます。そこで 今回は2階にリビングを持ってくることにしました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る