4世代で住まう家 U様邸【U様邸】




ホームページを見て、連絡がありました。
建築士である、息子さんが設計を担当。
数社に同じ図面を提示し、金額的なことや施工者の実績、そして何よりも、人柄を見られたUさん。
「ハウスメーカーも地場の工務店も結局建てるのは人。このメーカーが良い、この工務店がダメというのではなく、実際に施工する現場の職人が良いかどうかだ」という考えだったそうです。

 

おじいちゃんが、若い時に建てた平屋の家。お子さんが育ち、お孫さん、そしてひ孫さんが生まれた思い出のイッパイ詰まった家を解体しての工事でした。
築40年、解体は4日間で終わり、ひ孫のお嬢さんが「生まれた家の解体を見ておきたい」と学校を休んで写真を撮りにこられました。

環境工学の勉強をされていた息子さん、雨水の利用、太陽光を室内に取り入れるパッシブソーラの考え、また何本かの木を解体したときに取って置き、新しい家に再利用しました。

 

核家族の多い中、4世代で住まう家。
リビングには大きな吹き抜けがあります。蓄熱式の床暖房を設置し、オール電化で計画。断熱材にはセルロースファイバーを壁、床、屋根に充填、高断熱仕様です。
壁はすべて珪藻土、内装には国産の杉板を使用しました。

素材はインターネットを駆使し調べ上げ、古くて新しい、そんな「自然素材を使った住まい」が出来上がりました

関連施工事例

  1. ビーだまの家【M様邸】

    家族っていいものですね。玄関土間には家族全員のmemorial手形とちりばめたビーだま。

  2. ガルバリウムの家【K様邸】

    「自然素材を使った家を建てたいのですが・・」若いご夫婦からの依頼でした。「草津市内で土地から探して予算はすべて含めて3000万円」とのこと。予算はかなり厳しい、でも若いご夫婦の望みをなんとかしてあげたい!!そんな思いから、Kさんの「住まいづくり」は始まりました。

  3. 白が好き【M様邸】

    家づくりをする上で、イメージとしての色はとても大切です。壁や、天井や、カーテンや、照明器具や、設備機器・・たくさんのモノを選んでいくときに、イメージとしての色があると統一感のある家になりますよね。

  4. 京町家の 思い出を残した家【京都市:T様邸】

    ご実家の京町家を建替え、お母様と息子さんと、3世代で住みたい。そんな願いを叶えた新築住宅です。思い出が詰まった町家にあった古材を解体後に選び抜き、材木店の協力を得て磨き上げ、随所に再利用しました。

  5. 比良山の見える家【N様邸】

    私たちの家作りは、ご家族の話を聞くことから始まります。比良山系を望む絶好のロケーションにほれ込んだお施主さまご夫婦のご希望は『シンプルな暮らし』でした。 四角形の箱を組み合わせたような家の形と、収納と人の動線を考えあわせた間取りは、一見すっきりとした印象。

  6. ゆるやかな階段の家【A様邸】

    2階に上がる階段ですが、勾配が通常の住まいよりもゆるくなっています。これはお施主様の身内の方が階段から落ちて大きなケガをされたという体験があり、このような階段計画となりました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る