薪ストーブとブランコの家【J様邸】




家づくりを考えた時、ともに住まう家族の中で、とりわけ子供たちが健やかに育つ家にしたいと想う方が多いはずです。
元気な男の子2人とご夫婦、そしておじいさんの合計5人家族。
アウトドアのウッドデッキ、子供と一緒に料理が出来るキッチン、沢山ある本の収納。リビングで勉強が出来るように木のカウンターを掘りこたつ風に作りつけます。
【のびのびと成長出来る家づくり】そんな計画を考えて行きました。
薪ストーブを中心に部屋を配していますので、子供達があっちこっちで本を読んだり、宿題をしたりまたは寝転んで何かを書いていたりする光景が目に浮かぶようです。
勉強机にもなるリビングの木のカウンターは足を入れて座れるようになっています。
小さなホットカーペットを敷けば冬も寒さ知らず。

 

対面キッチンにもナチュラルな杉の一枚板のカウンター

2階のフリースペースには梁にロープでブランコをつるしました。
危ない?かも知れませんが、危険の芽を初めからなくすのではなく、周りを見て「気をつけなければならない」ことをちゃんと教えて危険を回避できるようにすることも大切なのではないかと考えて、ご要望通り工事を進めていました。
沢山の本棚に薪ストーブや室内ブランコなど家族の絆を作る工夫が沢山あります。
玄関土間に埋め込まれた足形や手形は新築のメモリアル。
記念日を迎えるたびに子どもたちの健やかな成長も感じとることができますね。

関連施工事例

  1. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  2. 森の精気に包まれる住まい【I様邸】

    カントリーハウスに憬れておられたⅠ様。玄関を開けると、心安らぐ木質感とふわりと包み込むような香り。大好きなものがとても自然にその場にある。まるで、「お帰り」と心に語りかけるように・・・。 そこは、決して「モデルハウスのように素敵な家」ではなく、「Ⅰさんご家族の家ですよ」と感じさせる家です。

  3. ビーだまの家【M様邸】

    家族っていいものですね。玄関土間には家族全員のmemorial手形とちりばめたビーだま。

  4. たのしぃ~い(^^)・おうち【G様邸】

    お施主様の要望の第一番は「子どもがのびのび育つ家」それは たとえば子ども部屋だけでなく、間取りや光や庭遊びや家庭菜園まで・・家づくりのすみずみまでを子どものことを考えて見渡した家です。

  5. 2階リビングの家  おもてなしはお2階で・・【W様邸】

    リビングの窓から差し込む光も、カーテンを揺らす風も、空に近い。2階リビングはそんな心地よさがあります。「どうぞ、上がって・・」誘う階段は無垢の木。柔らかさにつつまれながら、「2階へどうぞ・・」

  6. カントリードールのある家【I様邸】

    カントリードールを趣味とし、ドール作りの講師もしておられる夫人の理想は、アメリカンカントリーを意識した明るくて開放的なデザイン性の高い家。です が、旧家も多い土地柄、家に関する縁起や習わしなども反映しなければなりません。お施主様と設計士、そしてベストハウスでコミュニケーションしながら、 じっくりと考え、作りこんでいきました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る