薪ストーブとブランコの家【J様邸】




家づくりを考えた時、ともに住まう家族の中で、とりわけ子供たちが健やかに育つ家にしたいと想う方が多いはずです。
元気な男の子2人とご夫婦、そしておじいさんの合計5人家族。
アウトドアのウッドデッキ、子供と一緒に料理が出来るキッチン、沢山ある本の収納。リビングで勉強が出来るように木のカウンターを掘りこたつ風に作りつけます。
【のびのびと成長出来る家づくり】そんな計画を考えて行きました。
薪ストーブを中心に部屋を配していますので、子供達があっちこっちで本を読んだり、宿題をしたりまたは寝転んで何かを書いていたりする光景が目に浮かぶようです。
勉強机にもなるリビングの木のカウンターは足を入れて座れるようになっています。
小さなホットカーペットを敷けば冬も寒さ知らず。

 

対面キッチンにもナチュラルな杉の一枚板のカウンター

2階のフリースペースには梁にロープでブランコをつるしました。
危ない?かも知れませんが、危険の芽を初めからなくすのではなく、周りを見て「気をつけなければならない」ことをちゃんと教えて危険を回避できるようにすることも大切なのではないかと考えて、ご要望通り工事を進めていました。
沢山の本棚に薪ストーブや室内ブランコなど家族の絆を作る工夫が沢山あります。
玄関土間に埋め込まれた足形や手形は新築のメモリアル。
記念日を迎えるたびに子どもたちの健やかな成長も感じとることができますね。

関連施工事例

  1. 白が好き【M様邸】

    家づくりをする上で、イメージとしての色はとても大切です。壁や、天井や、カーテンや、照明器具や、設備機器・・たくさんのモノを選んでいくときに、イメージとしての色があると統一感のある家になりますよね。

  2. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  3. 平成17年こだわり住宅 滋賀県建築士会会長賞受賞【N様邸】

    『自然の力』を利用して『生ゴミや排水を出さない』環境に配慮した家N様邸 平成17年こだわり住宅 滋賀県建築士会会長賞を受賞させていただきました。

  4. 草屋根のあるCozyな家【Y様邸】

    「屋根に登ってびわ湖を見たい!」こんな夢のような草屋根の家が完成しました。天窓から屋上に上がれ、四季折々のびわ湖や比良山の景色が堪能できます。又、トイレも、生ゴミも一緒に処理し堆肥として土に戻すコンポストトイレを採用。内部も"木と紙の空間づくり"を実現しました。県内初めての草屋根の家です。

  5. カントリードールのある家【I様邸】

    カントリードールを趣味とし、ドール作りの講師もしておられる夫人の理想は、アメリカンカントリーを意識した明るくて開放的なデザイン性の高い家。です が、旧家も多い土地柄、家に関する縁起や習わしなども反映しなければなりません。お施主様と設計士、そしてベストハウスでコミュニケーションしながら、 じっくりと考え、作りこんでいきました。

  6. 草屋根と暖炉の家【O様邸】

    滋賀の自然に魅せられて、旧志賀町に購入された土地はびわ湖を見下ろせる高台です。自然が大好きな施主様は、住まいを建てるときもキーワードは自然・ナチュラル。その中でも草屋根の住まいを知り、インターネットで「草屋根」を検索して、私たちにたどり着いてくださいました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る