草津市 ペレットストーブとサンルームの家


 

 

出会ったときには、まだおなかの中にいた赤ちゃん。

入居したときにはもう小学生という(笑)ながーーい時間をかけてお付き合いしてきたTさんです。

京都で行った新築の見学会ははじめ何度も私たちの建てた住まいを見ていただきした。

終の棲家に選んだ土地は草津駅から15分程度の住宅地。

日中はお仕事へ行かれるご夫婦。

洗濯干しが一つのポイントでしたので、2階にサンルームを設置。

そして、自然エネルギーを活用したいと ペレットストーブと真空式太陽熱温水器も設置。

庭は京都大原在住のベニシアさん宅を施工された方に入っていただき、小さいですがホンワカしたたたずまいとなりました。

これから一つ一つ選んだ木々が家族と一緒に成長する そんな楽しみがある草津市の家となりました。

 



 



関連施工事例

  1. ラブリーなキッチンの家

    心までふんわりあったかくなるようなキッチンです。鮮やかな彩りで盛り付けしたワンプレートランチ、テーブルには黄色の花が似合いそう。

  2. 癒されるのは創られた色でなく、自然の色【M様邸】

    家づくりはモノ選び。たくさんのパーツをひとつひとつ選んでいくことで、「A house only for my family」私たち家族だけの家が出来上がっていきます。木と色にこだわって ひとつひとつを選ばれたシンプルで優しい家の完成です。

  3. 草屋根と暖炉の家【O様邸】

    滋賀の自然に魅せられて、旧志賀町に購入された土地はびわ湖を見下ろせる高台です。自然が大好きな施主様は、住まいを建てるときもキーワードは自然・ナチュラル。その中でも草屋根の住まいを知り、インターネットで「草屋根」を検索して、私たちにたどり着いてくださいました。

  4. 大きな地松の梁がみえるロフトのある家【H様邸】

    逆転の発想からはじまるステキなリビング。駅まで徒歩圏内、40坪の土地に家族4人が住まう家を建てました。窓を開ければ、隣の家の窓・・・、という環境で、1階にリビングを持ってくると、光や広さ・動線などに制約がでます。そこで 今回は2階にリビングを持ってくることにしました。

  5. カントリードールのある家【I様邸】

    カントリードールを趣味とし、ドール作りの講師もしておられる夫人の理想は、アメリカンカントリーを意識した明るくて開放的なデザイン性の高い家。です が、旧家も多い土地柄、家に関する縁起や習わしなども反映しなければなりません。お施主様と設計士、そしてベストハウスでコミュニケーションしながら、 じっくりと考え、作りこんでいきました。

  6. 2階リビングの家  おもてなしはお2階で・・【W様邸】

    リビングの窓から差し込む光も、カーテンを揺らす風も、空に近い。2階リビングはそんな心地よさがあります。「どうぞ、上がって・・」誘う階段は無垢の木。柔らかさにつつまれながら、「2階へどうぞ・・」

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る