白が好き【M様邸】




家づくりをする上で、イメージとしての色はとても大切です。
壁や、天井や、カーテンや、照明器具や、設備機器・・たくさんのモノを選んでいくときに、イメージとしての色があると統一感のある家になりますよね。

白は・・リセットして新しいスタートを決意させる色・・だそうです。
新しい家が、出来上がるのが待ち遠しくなりそうです。

雑貨カフェのような空間を作りたい奥様。
頭の中にはたくさんの素敵なイメージを描いておられました。

キッチンの図面は奥様が手描きで、イメージを伝えてくださいました。

洗面所や水廻りにも奥様のこだわりのセンスが光っています。
雑貨屋で購入された鏡をつけさせていただきました。

清潔で清楚なイメージを与え、クリーンな印象を与える白色。健康には一番良い色だそうです。

玄関横に設けられた収納スペースは、たっぷりしていて使い勝手もよさそうです。
小さな空間ですが、珪藻土塗りはセルフビルドです。

関連施工事例

  1. 西洋アンティークの家【T様邸】

    時をかけて集めてこられたアンティーク。時をかけて育んでこられた家への思い。置物ひとつ、家具ひとつの置き場所にも、またそれらが生き生きとする壁紙 やライトや内装にも、一つ一つにこだわりを持ち、繰り返し打ち合わせを重ねながら夢が形へと変わっていきました。

  2. 大きな地松の梁がみえるロフトのある家【H様邸】

    逆転の発想からはじまるステキなリビング。駅まで徒歩圏内、40坪の土地に家族4人が住まう家を建てました。窓を開ければ、隣の家の窓・・・、という環境で、1階にリビングを持ってくると、光や広さ・動線などに制約がでます。そこで 今回は2階にリビングを持ってくることにしました。

  3. 2階リビングの家  おもてなしはお2階で・・【W様邸】

    リビングの窓から差し込む光も、カーテンを揺らす風も、空に近い。2階リビングはそんな心地よさがあります。「どうぞ、上がって・・」誘う階段は無垢の木。柔らかさにつつまれながら、「2階へどうぞ・・」

  4. 双子ちゃんの平屋【O様邸】

    ゆるやかに時間の流れる伊吹山のふもとの、ふたごちゃんの平屋。2年の月日を重ねて、ひとつひとつを楽しみながら建てられた家は、いっそうの愛着のある家となりました。

  5. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  6. 蔵のある家【S様邸】

    気に入られたのは新しい住宅地の二方道路の土地。東側はガレージに、西側はメイン玄関にとイメージの広がる土地です。 ありきたりな家は願い下げと、何軒もハウスメーカーや工務店をまわってこられたS様。新しい家での夢はたくさんイメージしておられました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る