癒されるのは創られた色でなく、自然の色【M様邸】




家づくりはモノ選び。
たくさんのパーツをひとつひとつ選んでいくことで、
「A house only for my family」
私たち家族だけの家が出来上がっていきます。
木と色にこだわって ひとつひとつを選ばれたシンプルで優しい家の完成です。

 

キッチンのバック棚も天然木で・・
リビング側から見ると、一体化してやわらかな光と色を発しているよう。
2階のフリースペースにもうけられた棚とリビングの一角に作られたパソコン作業用のスペース。 どちらも 使い勝手を考えて作られています。
ちょっとした書斎代わりです。

 

リビングからフラットなまま入れる和室は琉球畳で趣を添えました。
玄関ポーチにはテラコッタ調タイルと重厚感のある玄関ドア。
トイレの手洗いや収納、洗面化粧台にも木を取り入れて・・。
一つ一つのものを選んでいかれる時の愉しみが伝わってくるようです。

関連施工事例

  1. 大きな地松の梁がみえるロフトのある家【H様邸】

    逆転の発想からはじまるステキなリビング。駅まで徒歩圏内、40坪の土地に家族4人が住まう家を建てました。窓を開ければ、隣の家の窓・・・、という環境で、1階にリビングを持ってくると、光や広さ・動線などに制約がでます。そこで 今回は2階にリビングを持ってくることにしました。

  2. 白が好き【M様邸】

    家づくりをする上で、イメージとしての色はとても大切です。壁や、天井や、カーテンや、照明器具や、設備機器・・たくさんのモノを選んでいくときに、イメージとしての色があると統一感のある家になりますよね。

  3. 森の精気に包まれる住まい【I様邸】

    カントリーハウスに憬れておられたⅠ様。玄関を開けると、心安らぐ木質感とふわりと包み込むような香り。大好きなものがとても自然にその場にある。まるで、「お帰り」と心に語りかけるように・・・。 そこは、決して「モデルハウスのように素敵な家」ではなく、「Ⅰさんご家族の家ですよ」と感じさせる家です。

  4. 2階リビングの家  おもてなしはお2階で・・【W様邸】

    リビングの窓から差し込む光も、カーテンを揺らす風も、空に近い。2階リビングはそんな心地よさがあります。「どうぞ、上がって・・」誘う階段は無垢の木。柔らかさにつつまれながら、「2階へどうぞ・・」

  5. たのしぃ~い(^^)・おうち【G様邸】

    お施主様の要望の第一番は「子どもがのびのび育つ家」それは たとえば子ども部屋だけでなく、間取りや光や庭遊びや家庭菜園まで・・家づくりのすみずみまでを子どものことを考えて見渡した家です。

  6. 蔵のある家【S様邸】

    気に入られたのは新しい住宅地の二方道路の土地。東側はガレージに、西側はメイン玄関にとイメージの広がる土地です。 ありきたりな家は願い下げと、何軒もハウスメーカーや工務店をまわってこられたS様。新しい家での夢はたくさんイメージしておられました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る