“火を囲む吹き抜け空間”【リビング】




明るく広い印象を出すために、壁と天井は同素材(珪藻土、しっくい、紙クロス)で仕上げます。

吹き抜けは薪ストーブとセットであたたかく。

美しい木の梁を見せてみましょう。

関連施工事例

  1. “奥様のための、みんなの顔が見える明るい空間”【キッチン】

    奥さまが長い時間を過ごすキッチンは、明るさと風通しを意識した間取り。職人の手によるオリジナル木製キッチンや材木屋さんで選んだ、天然木の一枚板カウンターは人に自慢したくなる空間です。

  2. “コンパクトで落ち着く、細部にこだわった空間”【トイレ】

    一枚板、陶器手洗いなどでトイレには個性を。タオルかけなどディテールにもこだわり。広すぎない、落ち着く大きさです。

  3. “火のある暮らし”【囲炉裏】

  4. “外にも居場所を”【外構】

    屋根付き土間やウッドデッキがあれば、お家でプチアウトドア。外での作業やDIYも楽しくできます。夏には滋賀産のよしず簾を垂らすのもオススメ。立体感のあるお庭と生垣もわくわくを演出します。

  5. “シンプルで愛着の湧く表情を”【外観】

    家の外観は、住む人だけのものではなく、まちの風景をつくるもの。街並みや田園風景の一部となり、景色になじみ、飽きの来ないシンプルな外観が一番です。

  6. “女性目線の収納”【収納】

    収納スペースはお金をかけずに調湿作用を重視。押入れには木製すのこと杉板の壁。ウォークインクローゼットは、ベベルボードでラフに仕上げ。食品庫は標準装備で、自然の風を取り入れます。玄関収納や中2階を収納庫にするなど、女性目線も充実。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る