平成17年こだわり住宅 滋賀県建築士会会長賞受賞【N様邸】




『自然の力』を利用して『生ゴミや排水を出さない』環境に配慮した家N様邸
平成17年こだわり住宅 滋賀県建築士会会長賞を受賞させていただきました。

自然が好きで、お酒が好きで、集うことの大好きなNさんご夫妻のご要望は
「環境にやさしい家」「滋賀県産の木で」「囲炉裏の似合う家」でした。

 

琵琶湖の近くで約300坪(990㎡)の土地を購入されたNさん夫妻。 敷地の北側には大きい木が立ち、まるであの「トトロ」のクスノキのような雰囲気です。「この家に決めたのはね、この木(楠)が気に入ったからなんだ」とは、メイたちのお父さんのせりふではなく、ご主人のせりふです。囲炉裏からの煙出しの屋根がアクセントになった建物は、約30坪(99㎡)の平屋。 シックな存在感のある土蔵を思わせます。

■「滋賀県産の木で」
木は80年で切ったら、それから同じ年月をかけて落ち着きます。滋賀県産の木材を手作業でカットした”はり”が趣きを添える天井からは、木がビシッビシッと語りかけてきます。
Nさんご夫妻は木材の刻みや墨付け現場にも足を運ばれました。床下の檜にも杉の柱にももちろん梁になる樹齢80年以上の松にもお目通り。自然の中で生きてきた木が、「伊・呂・波・・・」「壱・弐・参・・・」と名前を付けて、再び家として蘇る。触れることにより、木へのありがたいという思いがより身近に感じられ、この先何十年も生きてほしいと希われたことでしょう。

 

■「環境にやさしい家」
環境問題に詳しいNさん夫妻は”環境にやさしい暮らし”にもこだわりました。

コンポストトイレを設置。トイレは排泄物を水で流して処理するのではなく、生ゴミ処理機と同じく堆肥として再び土に戻すというコンポストトイレ。
微生物の働きによって発酵処理をします。敷地内で畑を耕そうとしているNさんにとっては、有機質肥料が手に入るのはとっても有益です。

生活雑排水の浄化システムも採用。合併浄化槽などでは、リンやチッソは浄化できずに川などに流れ出てしまう。ここなら琵琶湖に流れ出します。なんとか琵琶湖に流さずにすむ手段がないかと考えて、このシステムを設置しました。この仕組みは、傾斜のある土の通路に排水を流していくだけ。 その土の通路にミミズを入れたりすれば、より浄化させることができます。 価格は市販の合併浄化槽の約10分の1で 電力も使用しない浄化システムはまさに環境にやさしいといえそうです。

コンポストトイレとの組み合わせで『生ゴミや排水を出さない』住まいは、日本で初めてです。

 

■「囲炉裏の似合う家」
火のあるところに人は集います。人は火のあるところに集います。火は人を暖め、心を穏やかにします。
そして囲炉裏は人をもてなすことができるだけでなく、ガスや電気が使えなくなったときの備えの火としても活躍します。また家族が自然に集る場所にもなります。Nさんご夫妻はこの囲炉裏を囲むように各部屋を配置しました。

関連施工事例

  1. Mein Haus【草津市:S様邸】

    ご主人はドイツ人。たくさんの話し合いをかさねて、たっぷり時間をかけて計画したMein Haus(おうち)が完成しました。

  2. ガルバリウムの家【K様邸】

    「自然素材を使った家を建てたいのですが・・」若いご夫婦からの依頼でした。「草津市内で土地から探して予算はすべて含めて3000万円」とのこと。予算はかなり厳しい、でも若いご夫婦の望みをなんとかしてあげたい!!そんな思いから、Kさんの「住まいづくり」は始まりました。

  3. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  4. 京町家の 思い出を残した家【京都市:T様邸】

    ご実家の京町家を建替え、お母様と息子さんと、3世代で住みたい。そんな願いを叶えた新築住宅です。思い出が詰まった町家にあった古材を解体後に選び抜き、材木店の協力を得て磨き上げ、随所に再利用しました。

  5. ラブリーなキッチンの家

    心までふんわりあったかくなるようなキッチンです。鮮やかな彩りで盛り付けしたワンプレートランチ、テーブルには黄色の花が似合いそう。

  6. 新しい命が育まれる家

    某有名デザイナーさんにアドバイスをもらった新築一戸建

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る