女性一人住まいの家【大津市:O様邸】




不動産屋さんからの紹介でお出逢いした大津のOさん。
当初は予算の関係から新築は無理と思われていたそうです。長い間、中古の住まいを探しておられました。中古マンションか中古住宅か・・・
そんなとき僕たちとOさんは知り合いました。

小さな土地に建てる女性一人住まいの家。

計画したのは土地の大きさ12坪の狭小地。
お父さんが定年後、京都の自宅を売却して比良山の麓に引っ越してきたのをきっかけに娘さんも滋賀に目を向けられたそうです。お父さんの趣味は山登り。趣味が高じて京都より比良山の麓に引っ越してこられたほどのアウトドア派。娘さんご本人も以前はカナダに住み現地では、冬はスキー、夏はゴルフのガイドをしていたそうです。
そんな女性が一人で住むために今回は設計計画して行きました。趣味のグッズやたくさんの荷物をどこに収納するのか。税理士を目指して勉強中との事、どこに本を収納して勉強する場所を限られた空間でどう確保するのか??

 

趣味の生け花を飾るところや観葉植物がたくさんあるので、天窓を2箇所設け、日当たりを調整。
空間を広く見せるための手法として、部屋の区切りは引込戸で対処します。天井は屋根勾配天井で、ロフトを設けました。1階から2階まで明り取り用の吹き抜け。空間が大きいために断熱をしっかりと行うように計画。
そこで今回は、ペットボトルを再利用した断熱材を使用することになりました。一軒で500ml、約1万5千本が再利用することになるそうです。

壁にはオガファーザーという、建築バイオロギー国際規格に合格しているエコロジー商品で有害物質を含まない紙クロスを採用。塗装は予算の関係で自然塗料をご自分で施工されます。床は国産スギの無垢フローリング。天井は夏の暑さに対処するため、スギ板で厚さ34㎜もあるJパネルを使用します。小さな家でも、リサイクル、エコロジーを主においた計画となっています。

 

「夢のマイホーム」この使い古された言葉はすでに形骸となり現在は本当の意味での住まいが問いただされています。そもそも「住宅」とはなんでしょうか?
特に今回のように狭小地に家を建てるとき、そんな根元的な問いが頭に浮かびます。
なぜなら狭小住宅を建てるには、要るもの要らないものを究極的に振り分けていく作業が不可欠だからです。予算は900万円台でした。僕たちも今後そこにどんな生活が営まわれるのか大変楽しみです。

関連施工事例

  1. ガルバリウムのお家【守山市:M様邸】

    シンプル&モダンだけど無垢の木を使いたい・・・

  2. ビーだまの家【M様邸】

    家族っていいものですね。玄関土間には家族全員のmemorial手形とちりばめたビーだま。

  3. 草屋根のあるCozyな家【Y様邸】

    「屋根に登ってびわ湖を見たい!」こんな夢のような草屋根の家が完成しました。天窓から屋上に上がれ、四季折々のびわ湖や比良山の景色が堪能できます。又、トイレも、生ゴミも一緒に処理し堆肥として土に戻すコンポストトイレを採用。内部も"木と紙の空間づくり"を実現しました。県内初めての草屋根の家です。

  4. 新しい命が育まれる家

    某有名デザイナーさんにアドバイスをもらった新築一戸建

  5. 自分スタイルはキッチンから【A様邸】

    オーダーキッチンにあわせて、カウンターも考える。オーダーキッチンにあわせて、梁も・・ライトも・・フロアも・・ドアも・・居心地のいいキッチンから始まった家は、居心地のいい家になる。

  6. 草屋根と暖炉の家【O様邸】

    滋賀の自然に魅せられて、旧志賀町に購入された土地はびわ湖を見下ろせる高台です。自然が大好きな施主様は、住まいを建てるときもキーワードは自然・ナチュラル。その中でも草屋根の住まいを知り、インターネットで「草屋根」を検索して、私たちにたどり着いてくださいました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る