双子ちゃんの平屋【O様邸】




ゆるやかに時間の流れる伊吹山のふもとの、ふたごちゃんの平屋。
2年の月日を重ねて、ひとつひとつを楽しみながら建てられた家は、
いっそうの愛着のある家となりました。

南向きに大きく窓をとった家は、存在感を感じますが、37坪の平屋です。
4LDKの2世帯住宅で、おばあちゃんの部屋は子供たちの声や音に配慮して、
プライベートと独立性が保てるように隔離された間取りとなっています。

壁の漆喰塗りなどセルフビルドも取り入れました。
建具は、建具職人と現場監督がデザインし、作られた縦格子のデザイン建具。

奥様が一番こだわられたのはキッチン。
食洗機はドイツ製のミレーのもので、
この食洗機が入るシステムキッチンを選ぶのに苦労しました。

ぐるぐる回遊できるオープンスペースの多い間取りは、冬の間は薪ストーブが暖めてくれます。
ふたごちゃんの成長とともに、おちついた木の色に変わっていくのもまた、楽しみの一つです。

関連施工事例

  1. ガルバリウムのお家【守山市:M様邸】

    シンプル&モダンだけど無垢の木を使いたい・・・

  2. 西洋アンティークの家【T様邸】

    時をかけて集めてこられたアンティーク。時をかけて育んでこられた家への思い。置物ひとつ、家具ひとつの置き場所にも、またそれらが生き生きとする壁紙 やライトや内装にも、一つ一つにこだわりを持ち、繰り返し打ち合わせを重ねながら夢が形へと変わっていきました。

  3. 草屋根のあるCozyな家【Y様邸】

    「屋根に登ってびわ湖を見たい!」こんな夢のような草屋根の家が完成しました。天窓から屋上に上がれ、四季折々のびわ湖や比良山の景色が堪能できます。又、トイレも、生ゴミも一緒に処理し堆肥として土に戻すコンポストトイレを採用。内部も"木と紙の空間づくり"を実現しました。県内初めての草屋根の家です。

  4. 4世代で住まう家 U様邸【U様邸】

    核家族の多い中、4世代で住まう家。リビングには大きな吹き抜けがあります。蓄熱式の床暖房を設置し、オール電化で計画。断熱材にはセルロースファイバーを壁、床、屋根に充填、高断熱仕様です。 壁はすべて珪藻土、内装には国産の杉板を使用しました。

  5. Mein Haus【草津市:S様邸】

    ご主人はドイツ人。たくさんの話し合いをかさねて、たっぷり時間をかけて計画したMein Haus(おうち)が完成しました。

  6. たのしぃ~い(^^)・おうち【G様邸】

    お施主様の要望の第一番は「子どもがのびのび育つ家」それは たとえば子ども部屋だけでなく、間取りや光や庭遊びや家庭菜園まで・・家づくりのすみずみまでを子どものことを考えて見渡した家です。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る