双子ちゃんの平屋【O様邸】




ゆるやかに時間の流れる伊吹山のふもとの、ふたごちゃんの平屋。
2年の月日を重ねて、ひとつひとつを楽しみながら建てられた家は、
いっそうの愛着のある家となりました。

南向きに大きく窓をとった家は、存在感を感じますが、37坪の平屋です。
4LDKの2世帯住宅で、おばあちゃんの部屋は子供たちの声や音に配慮して、
プライベートと独立性が保てるように隔離された間取りとなっています。

壁の漆喰塗りなどセルフビルドも取り入れました。
建具は、建具職人と現場監督がデザインし、作られた縦格子のデザイン建具。

奥様が一番こだわられたのはキッチン。
食洗機はドイツ製のミレーのもので、
この食洗機が入るシステムキッチンを選ぶのに苦労しました。

ぐるぐる回遊できるオープンスペースの多い間取りは、冬の間は薪ストーブが暖めてくれます。
ふたごちゃんの成長とともに、おちついた木の色に変わっていくのもまた、楽しみの一つです。

関連施工事例

  1. 癒されるのは創られた色でなく、自然の色【M様邸】

    家づくりはモノ選び。たくさんのパーツをひとつひとつ選んでいくことで、「A house only for my family」私たち家族だけの家が出来上がっていきます。木と色にこだわって ひとつひとつを選ばれたシンプルで優しい家の完成です。

  2. Mein Haus【草津市:S様邸】

    ご主人はドイツ人。たくさんの話し合いをかさねて、たっぷり時間をかけて計画したMein Haus(おうち)が完成しました。

  3. たのしぃ~い(^^)・おうち【G様邸】

    お施主様の要望の第一番は「子どもがのびのび育つ家」それは たとえば子ども部屋だけでなく、間取りや光や庭遊びや家庭菜園まで・・家づくりのすみずみまでを子どものことを考えて見渡した家です。

  4. ゆるやかな階段の家【A様邸】

    2階に上がる階段ですが、勾配が通常の住まいよりもゆるくなっています。これはお施主様の身内の方が階段から落ちて大きなケガをされたという体験があり、このような階段計画となりました。

  5. カントリードールのある家【I様邸】

    カントリードールを趣味とし、ドール作りの講師もしておられる夫人の理想は、アメリカンカントリーを意識した明るくて開放的なデザイン性の高い家。です が、旧家も多い土地柄、家に関する縁起や習わしなども反映しなければなりません。お施主様と設計士、そしてベストハウスでコミュニケーションしながら、 じっくりと考え、作りこんでいきました。

  6. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る