ラブリーなキッチンの家




心までふんわりあったかくなるようなキッチンです。
鮮やかな彩りで盛り付けしたワンプレートランチ、テーブルには黄色の花が似合いそう。

階段の飾りから差し込む光と影は、自然のあかりの暖かさとやさしさを投げかけてくれます。

子ども部屋は将来はふたつに分けられるように・・。
でもロフトでは繋がっています。
二人の隠れ家に楽しみな空間です。

関連施工事例

  1. カントリードールのある家【I様邸】

    カントリードールを趣味とし、ドール作りの講師もしておられる夫人の理想は、アメリカンカントリーを意識した明るくて開放的なデザイン性の高い家。です が、旧家も多い土地柄、家に関する縁起や習わしなども反映しなければなりません。お施主様と設計士、そしてベストハウスでコミュニケーションしながら、 じっくりと考え、作りこんでいきました。

  2. 女性一人住まいの家【大津市:O様邸】

    当初は予算の関係から新築は無理と思われていたそうです。長い間、中古の住まいを探しておられました。中古マンションか中古住宅か・・・ そんなとき僕たちとOさんは知り合いました。小さな土地に建てる女性一人住まいの家。計画したのは土地の大きさ12坪の狭小地。

  3. 白が好き【M様邸】

    家づくりをする上で、イメージとしての色はとても大切です。壁や、天井や、カーテンや、照明器具や、設備機器・・たくさんのモノを選んでいくときに、イメージとしての色があると統一感のある家になりますよね。

  4. Mein Haus【草津市:S様邸】

    ご主人はドイツ人。たくさんの話し合いをかさねて、たっぷり時間をかけて計画したMein Haus(おうち)が完成しました。

  5. ゆるやかな階段の家【A様邸】

    2階に上がる階段ですが、勾配が通常の住まいよりもゆるくなっています。これはお施主様の身内の方が階段から落ちて大きなケガをされたという体験があり、このような階段計画となりました。

  6. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る