セルフビルドの家【Y様邸】




「雑貨製作のアトリエと店舗がほしい」

住まい作りのテーマは
「雑貨製作のアトリエと店舗がほしい」
「外観は「倉庫」のような感じ」
「出来るところは自分でする」
というもの。

 

今回は「塗装」「珪藻土の壁塗り」「2階のフローリング貼り」をお施主様がされます。
私たちは、珪藻土の塗り壁体験会をしていますが、このように自分で施工する「セルフビルド」は諸外国では文化として定着しています。これから日本も「セルフビルド」は新しい建築方式として定着していくものだと思います。
飾り棚やアクセントになる壁の横板貼りもお施主様の作品です。
セルフビルドは大きな手間のかかることではなく、楽しむことですね。

関連施工事例

  1. 薪ストーブとブランコの家【J様邸】

    家づくりを考えた時、ともに住まう家族の中で、とりわけ子供たちが健やかに育つ家にしたいと想う方が多いはずです。元気な男の子2人とご夫婦、そしておじいさんの合計5人家族。アウトドアのウッドデッキ、子供と一緒に料理が出来るキッチン、沢山ある本の収納。リビングで勉強が出来るように木のカウンターを掘りこたつ風に作りつけます。 【のびのびと成長出来る家づくり】そんな計画を考えて行きました。

  2. 平成17年こだわり住宅 滋賀県建築士会会長賞受賞【N様邸】

    『自然の力』を利用して『生ゴミや排水を出さない』環境に配慮した家N様邸 平成17年こだわり住宅 滋賀県建築士会会長賞を受賞させていただきました。

  3. 蔵のある家【S様邸】

    気に入られたのは新しい住宅地の二方道路の土地。東側はガレージに、西側はメイン玄関にとイメージの広がる土地です。 ありきたりな家は願い下げと、何軒もハウスメーカーや工務店をまわってこられたS様。新しい家での夢はたくさんイメージしておられました。

  4. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  5. カントリードールのある家【I様邸】

    カントリードールを趣味とし、ドール作りの講師もしておられる夫人の理想は、アメリカンカントリーを意識した明るくて開放的なデザイン性の高い家。です が、旧家も多い土地柄、家に関する縁起や習わしなども反映しなければなりません。お施主様と設計士、そしてベストハウスでコミュニケーションしながら、 じっくりと考え、作りこんでいきました。

  6. 自然素材で建てるローコスト平屋の家

    ローコストの平屋の住まい。家族4人の小さなお家。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る