セルフビルドの家【Y様邸】




「雑貨製作のアトリエと店舗がほしい」

住まい作りのテーマは
「雑貨製作のアトリエと店舗がほしい」
「外観は「倉庫」のような感じ」
「出来るところは自分でする」
というもの。

 

今回は「塗装」「珪藻土の壁塗り」「2階のフローリング貼り」をお施主様がされます。
私たちは、珪藻土の塗り壁体験会をしていますが、このように自分で施工する「セルフビルド」は諸外国では文化として定着しています。これから日本も「セルフビルド」は新しい建築方式として定着していくものだと思います。
飾り棚やアクセントになる壁の横板貼りもお施主様の作品です。
セルフビルドは大きな手間のかかることではなく、楽しむことですね。

関連施工事例

  1. ゆるやかな階段の家【A様邸】

    2階に上がる階段ですが、勾配が通常の住まいよりもゆるくなっています。これはお施主様の身内の方が階段から落ちて大きなケガをされたという体験があり、このような階段計画となりました。

  2. 森の精気に包まれる住まい【I様邸】

    カントリーハウスに憬れておられたⅠ様。玄関を開けると、心安らぐ木質感とふわりと包み込むような香り。大好きなものがとても自然にその場にある。まるで、「お帰り」と心に語りかけるように・・・。 そこは、決して「モデルハウスのように素敵な家」ではなく、「Ⅰさんご家族の家ですよ」と感じさせる家です。

  3. 大きな地松の梁がみえるロフトのある家【H様邸】

    逆転の発想からはじまるステキなリビング。駅まで徒歩圏内、40坪の土地に家族4人が住まう家を建てました。窓を開ければ、隣の家の窓・・・、という環境で、1階にリビングを持ってくると、光や広さ・動線などに制約がでます。そこで 今回は2階にリビングを持ってくることにしました。

  4. 比良山の見える家【N様邸】

    私たちの家作りは、ご家族の話を聞くことから始まります。比良山系を望む絶好のロケーションにほれ込んだお施主さまご夫婦のご希望は『シンプルな暮らし』でした。 四角形の箱を組み合わせたような家の形と、収納と人の動線を考えあわせた間取りは、一見すっきりとした印象。

  5. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  6. 癒されるのは創られた色でなく、自然の色【M様邸】

    家づくりはモノ選び。たくさんのパーツをひとつひとつ選んでいくことで、「A house only for my family」私たち家族だけの家が出来上がっていきます。木と色にこだわって ひとつひとつを選ばれたシンプルで優しい家の完成です。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る