ガルバリウムの家【K様邸】


それは一通のeメールから、始まりました。
「自然素材を使った家を建てたいのですが・・」
若いご夫婦からの依頼でした。
「草津市内で土地から探して予算はすべて含めて3000万円」とのこと。
予算はかなり厳しい、でも若いご夫婦の望みをなんとかしてあげたい!!そんな思いから、Kさんの「住まいづくり」は始まりました。
メールで「住まい」や「家族」について、たくさんのやり取りを行い、その中にKさんの一つの夢である庭でバーベキューをしたいということがありました。何度か一緒に土地を見に行きましたがなかなか予算に合う、思うような土地はありません。
「この予算ではやはり無理なのでしょうか・・・」 とのメールに僕たちはエジソンの話を引用してお返事をしました。
「どうぞ、無理な願いとは思わないで『本気』で願ってください。発明王エジソンは電球の研究をしていたとき1万回くらい実験に失敗したそうです。そのときエジソンは少しずつ成功に近づいていると考えていたそうです。僕たちでしたら数十回も失敗したらあきらめてしまいますでしょう。そこが『夢』を実現できる人と出来ない人との差だそうです。これからも沢山の情報の中でいろいろな物件をご覧になられると思います。時には疲れることもあるでしょう。でも見方を変えて少しずつ自分たちの希望、夢に近づいているんだと思ってください」と。
そして、予算の3000万円で、草津市内50坪の土地を購入し、施工面積36坪の自然素材を使った「住まい」が完成しました。

 

■1階 リビング
共有スペースには間仕切を出来るだけ排除。
そうすることによって、広くて明るいリビングが出来ます。
畳スペースは将来、ご両親と同居になったとき間仕切を作ればプライベート部屋になるように考えてあります。畳は中に竹炭が入った健康畳です。
また、階段をリビングから上ることによって、いつも家族の「顔」が見えるように配慮。
このようなプランでのデメリットである冷暖房の設備については、ガラスをペアガラスにし、今は見えない壁の中の断熱材にセルロースファイバーを充填して、高断熱仕様になっています。

 

■洗面所

洗面所には簡素な木のカウンターの洗面台
水周りだけは床にサニタリー用のフロアーを配置
水や汚れにも強い素材にしました。

 

■2階  フリースペース
今はまだ小さいお子さんですが、大きくなってもこのスペースで遊べるようにとの思いで作りました。
カウンターを付けてそこで勉強をしたり、趣味のことをしたり、パソコンも置けるように電気配線や電話線も配置しています。

■玄関スペース
図面をもし見られたならば、狭いイメージをもたれることだと思います。しかしは実際は想像出来ないくらい、明るく広い玄関になりました。
アウトドア用品を入れるための収納もあり土が少々付いていてもそのまま気にせずに玄関から収納出来ます。
実際の寸法では測れない開放感のある玄関となりました。

■外観
無駄のない外観です。
銀色の部分はガルバリューム鋼板、上の紺色の部分は塗壁になっています。

片流れの屋根の形状のまま、部屋の天井が高くなっている構造になっています。

関連施工事例

  1. 4世代で住まう家 U様邸【U様邸】

    核家族の多い中、4世代で住まう家。リビングには大きな吹き抜けがあります。蓄熱式の床暖房を設置し、オール電化で計画。断熱材にはセルロースファイバーを壁、床、屋根に充填、高断熱仕様です。 壁はすべて珪藻土、内装には国産の杉板を使用しました。

  2. ビーだまの家【M様邸】

    家族っていいものですね。玄関土間には家族全員のmemorial手形とちりばめたビーだま。

  3. ガルバリウムのお家【守山市:M様邸】

    シンプル&モダンだけど無垢の木を使いたい・・・

  4. 大きな地松の梁がみえるロフトのある家【H様邸】

    逆転の発想からはじまるステキなリビング。駅まで徒歩圏内、40坪の土地に家族4人が住まう家を建てました。窓を開ければ、隣の家の窓・・・、という環境で、1階にリビングを持ってくると、光や広さ・動線などに制約がでます。そこで 今回は2階にリビングを持ってくることにしました。

  5. 女性一人住まいの家【大津市:O様邸】

    当初は予算の関係から新築は無理と思われていたそうです。長い間、中古の住まいを探しておられました。中古マンションか中古住宅か・・・ そんなとき僕たちとOさんは知り合いました。小さな土地に建てる女性一人住まいの家。計画したのは土地の大きさ12坪の狭小地。

  6. 京町家の 思い出を残した家【京都市:T様邸】

    ご実家の京町家を建替え、お母様と息子さんと、3世代で住みたい。そんな願いを叶えた新築住宅です。思い出が詰まった町家にあった古材を解体後に選び抜き、材木店の協力を得て磨き上げ、随所に再利用しました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る