カントリードールのある家【I様邸】




雑誌などでおしゃれな家を見て、我が家もこんな風に・・・と思い描く人も多いのでは。I邸もそんな思いから始まりました。

現場見学会に参加してくださったⅠさん。
カントリードールを趣味とし、ドール作りの講師もしておられる夫人の理想は、アメリカンカントリーを意識した明るくて開放的なデザイン性の高い家。です が、旧家も多い土地柄、家に関する縁起や習わしなども反映しなければなりません。お施主様と設計士、そしてベストハウスでコミュニケーションしながら、 じっくりと考え、作りこんでいきました。

「色や材質の組み合わせで、イメージが変わるでしょう。主人があきれるほど私の注文は細かかったのですが・・・。」と夫人。

見せていただいたカントリードールの作品も素材や色の組み合わせで様々に表情が広がっています。色や素材へのこだわりも家作りの楽しみの一つとしてとらえて下さったようです。もちろん、ドールの飾り場所もイメージの中に組み込まれていたことでしょう。

日本家屋の伝統と自然素材、アメリカンカントリーが融合したI邸が完成。広い家の中を優しい風が通る、懐かしくて新しい家が出来上がりました。

関連施工事例

  1. 西洋アンティークの家【T様邸】

    時をかけて集めてこられたアンティーク。時をかけて育んでこられた家への思い。置物ひとつ、家具ひとつの置き場所にも、またそれらが生き生きとする壁紙 やライトや内装にも、一つ一つにこだわりを持ち、繰り返し打ち合わせを重ねながら夢が形へと変わっていきました。

  2. 2階リビングの家  おもてなしはお2階で・・【W様邸】

    リビングの窓から差し込む光も、カーテンを揺らす風も、空に近い。2階リビングはそんな心地よさがあります。「どうぞ、上がって・・」誘う階段は無垢の木。柔らかさにつつまれながら、「2階へどうぞ・・」

  3. ラブリーなキッチンの家

    心までふんわりあったかくなるようなキッチンです。鮮やかな彩りで盛り付けしたワンプレートランチ、テーブルには黄色の花が似合いそう。

  4. 新しい命が育まれる家

    某有名デザイナーさんにアドバイスをもらった新築一戸建

  5. ビーだまの家【M様邸】

    家族っていいものですね。玄関土間には家族全員のmemorial手形とちりばめたビーだま。

  6. Mein Haus【草津市:S様邸】

    ご主人はドイツ人。たくさんの話し合いをかさねて、たっぷり時間をかけて計画したMein Haus(おうち)が完成しました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る