ひぃおばぁちゃんの長持のある家【近江八幡市:S様邸】




ホームページを見て来社されたSさん。まだお子様が8ヶ月の新婚さんです。今お住まいのところから1分ほどのところにある、ご主人が子どもの頃にすごした築100年以上の住宅が今は誰も住む人もなく物置状態。そこを改装し、新婚さんのお住まいとして蘇生することとなりました。
古民家すべてに言えることですが、こちらも解体して新しく建てることも相談されていたようです。けれどお二人が「このまま使いたい」と申し出されて私たちに相談されました。
ご両親の家は最近建てたばかり。20年後くらいには実家を継がれるとのこと。将来は今回改装する古民家はどうなるかわからない・・・。そのような状況なのでそれほどお金はかけられないという条件です。

五右衛門風呂跡にトイレ、おくどさん跡に風呂、洗面、キッチンを配置。
浄化槽を設置しようと思いましたが、道から土地が下がっているためにポンプで汲み出さないといけないので水を使わないコンポストトイレとし、ご自分の敷地内で処理することとしました。
住宅設備についてはオール電化です。

出来上がっていく過程を毎日見守っておられた若奥様とお嬢様。
古い長持ちや文机や中2階への梯子もインテリアのひとつとしてしっくり馴染んだ仕上がりとなりました。
ご主人がすごされた黒塗りの梯子を上る中2階は、近い将来お嬢様の宝探しの秘密の部屋となることでしょう。

ツバメが残して行った巣も壊さないように施工しました。
来年帰ってきたらきっとびっくりするでしょうね。

関連施工事例

  1. 平成17年こだわり住宅 滋賀県知事賞受賞 「語りかける家」

    平成17年「こだわり住宅」・滋賀県知事賞を受賞させていただきました。古い民家には、そこに代々住んできた人たちの苦労や喜びが詰まっています。太く力強い梁、風格ある骨組み、木を中心とした家に世代をこえて家族が集う。古民家再生。家族のすべてを受け止めてくれる心地よさがそこにはあります。

  2. 古民家再生【O様邸】

    「解体して、建て直したほうがいい」と言われていた時、僕達と知り合いました。「もったいない・・・」現地調査をしたとき、思わず出た僕たちの言葉。こんな出逢いから古民家再生が始まりました。

  3. ペレットストーブと古民家【湖南市】

    歴史的街道に面した古民家。その吹き抜け部分にペレットストーブを設置。寒かった大きな空間がほんのり暖かな炎にい包まれて「心地良い場所」が新しく出来たのでした。

  4. ギャラリーのある土間【U様邸】

    その昔、おじいちゃんが近くの山の木で建築した民家。手間賃が安く、材料が高い時代に建てた住まいを、手間賃が高い時代に改修する。時代によって、価値観も住まい感も違います。100年近くを生きた家も、設備を見直すだけでずっと住みよい家に変わります。新しくても落ち着く家。古民家を生き生きした家に変えるのが、古民家再生。

  5. 古民家再生【T様邸】

    ほんとうのリユースとは、単にものを大切に、ときには我慢しながら使い続けることではありません。時代の空気にあった新しい商品価値を再生しながらつきあっていくことです。そこには生活のしやすさがあり、趣味があり、好みがある。そしてより長く使い続けるために次の世代への配慮があります。

  6. 民泊ができる? 農機具小屋をリノベ【栗東市】

    ここが不便、あそこが作業の邪魔、薄汚れて雨漏りも・・そんな農機具小屋をリノベーション。滋賀は農業が盛んですが後継者が問題に。 この古民家もキレイになった倉庫がこれからも生かされるようになればいいなぁ。息子さん便利になった倉庫を見て農業に目を向けてくれたらいいなぁ、。 そんな夢を見ながらリノベしていきました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る