たのしぃ~い(^^)・おうち【G様邸】




お施主様の要望の第一番は「子どもがのびのび育つ家」
それは たとえば子ども部屋だけでなく、間取りや光や庭遊びや家庭菜園まで・・、
家づくりのすみずみまでを子どものことを考えて見渡した家です。

子どもたちが長く住まう家は、人格形成や情緒の育成に影響するかもしれません。
簡単に4~6畳の部屋を与えておけばいいという安易な考えで大人中心の住空間を作るのではなく、
自分が子どものころ、何が面白かったか?
どんなことにワクワクしたか?
を考えて、家づくりをすすめてみてはいかがでしょう。

段ボールの箱で作った「秘密基地」、
障子紙を破く快感、押入に入ってのかくれんぼ、
うるさいと叱られながらした鬼ごっこ・・。
そんなことを思い出しながら、住まいを考えるのはとても楽しいことですね。

マンションでも一戸建てでも今の日本は個室化が進んでいます。決して子どもに独立したスペースを与えることは否定しませんが、与えるタイミングやその造り、親としての繋がり方などをもっと「住まい」の中で考えていかなければならないと思います。
子どもと親が「なんとなく気配がわかる」ように設計しました。
玄関に飾られているのは、粉ひき石臼。
心惹かれるものをさりげなく飾れる空間を作るのも新しい家への楽しみです。

トユから落ちてくる雨水の鉢の中にアメンボがやって来たりします。
金魚すくいですくった金魚も元気です。
見かけることの少なくなった濡れ縁ですが、お風呂上りのひと時を家族で過ごせるちょっとした空間です。

関連施工事例

  1. Mein Haus【草津市:S様邸】

    ご主人はドイツ人。たくさんの話し合いをかさねて、たっぷり時間をかけて計画したMein Haus(おうち)が完成しました。

  2. 草屋根のあるCozyな家【Y様邸】

    「屋根に登ってびわ湖を見たい!」こんな夢のような草屋根の家が完成しました。天窓から屋上に上がれ、四季折々のびわ湖や比良山の景色が堪能できます。又、トイレも、生ゴミも一緒に処理し堆肥として土に戻すコンポストトイレを採用。内部も"木と紙の空間づくり"を実現しました。県内初めての草屋根の家です。

  3. ラブリーなキッチンの家

    心までふんわりあったかくなるようなキッチンです。鮮やかな彩りで盛り付けしたワンプレートランチ、テーブルには黄色の花が似合いそう。

  4. ガルバリウムの家【K様邸】

    「自然素材を使った家を建てたいのですが・・」若いご夫婦からの依頼でした。「草津市内で土地から探して予算はすべて含めて3000万円」とのこと。予算はかなり厳しい、でも若いご夫婦の望みをなんとかしてあげたい!!そんな思いから、Kさんの「住まいづくり」は始まりました。

  5. 2階リビングの家  おもてなしはお2階で・・【W様邸】

    リビングの窓から差し込む光も、カーテンを揺らす風も、空に近い。2階リビングはそんな心地よさがあります。「どうぞ、上がって・・」誘う階段は無垢の木。柔らかさにつつまれながら、「2階へどうぞ・・」

  6. 西洋アンティークの家【T様邸】

    時をかけて集めてこられたアンティーク。時をかけて育んでこられた家への思い。置物ひとつ、家具ひとつの置き場所にも、またそれらが生き生きとする壁紙 やライトや内装にも、一つ一つにこだわりを持ち、繰り返し打ち合わせを重ねながら夢が形へと変わっていきました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る