たのしぃ~い(^^)・おうち【G様邸】




お施主様の要望の第一番は「子どもがのびのび育つ家」
それは たとえば子ども部屋だけでなく、間取りや光や庭遊びや家庭菜園まで・・、
家づくりのすみずみまでを子どものことを考えて見渡した家です。

子どもたちが長く住まう家は、人格形成や情緒の育成に影響するかもしれません。
簡単に4~6畳の部屋を与えておけばいいという安易な考えで大人中心の住空間を作るのではなく、
自分が子どものころ、何が面白かったか?
どんなことにワクワクしたか?
を考えて、家づくりをすすめてみてはいかがでしょう。

段ボールの箱で作った「秘密基地」、
障子紙を破く快感、押入に入ってのかくれんぼ、
うるさいと叱られながらした鬼ごっこ・・。
そんなことを思い出しながら、住まいを考えるのはとても楽しいことですね。

マンションでも一戸建てでも今の日本は個室化が進んでいます。決して子どもに独立したスペースを与えることは否定しませんが、与えるタイミングやその造り、親としての繋がり方などをもっと「住まい」の中で考えていかなければならないと思います。
子どもと親が「なんとなく気配がわかる」ように設計しました。
玄関に飾られているのは、粉ひき石臼。
心惹かれるものをさりげなく飾れる空間を作るのも新しい家への楽しみです。

トユから落ちてくる雨水の鉢の中にアメンボがやって来たりします。
金魚すくいですくった金魚も元気です。
見かけることの少なくなった濡れ縁ですが、お風呂上りのひと時を家族で過ごせるちょっとした空間です。

関連施工事例

  1. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  2. 自分スタイルはキッチンから【A様邸】

    オーダーキッチンにあわせて、カウンターも考える。オーダーキッチンにあわせて、梁も・・ライトも・・フロアも・・ドアも・・居心地のいいキッチンから始まった家は、居心地のいい家になる。

  3. 4世代で住まう家 U様邸【U様邸】

    核家族の多い中、4世代で住まう家。リビングには大きな吹き抜けがあります。蓄熱式の床暖房を設置し、オール電化で計画。断熱材にはセルロースファイバーを壁、床、屋根に充填、高断熱仕様です。 壁はすべて珪藻土、内装には国産の杉板を使用しました。

  4. ガルバリウムのお家【守山市:M様邸】

    シンプル&モダンだけど無垢の木を使いたい・・・

  5. 2階リビングの家  おもてなしはお2階で・・【W様邸】

    リビングの窓から差し込む光も、カーテンを揺らす風も、空に近い。2階リビングはそんな心地よさがあります。「どうぞ、上がって・・」誘う階段は無垢の木。柔らかさにつつまれながら、「2階へどうぞ・・」

  6. 京町家の 思い出を残した家【京都市:T様邸】

    ご実家の京町家を建替え、お母様と息子さんと、3世代で住みたい。そんな願いを叶えた新築住宅です。思い出が詰まった町家にあった古材を解体後に選び抜き、材木店の協力を得て磨き上げ、随所に再利用しました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る