京町家の 思い出を残した家【京都市:T様邸】




ご実家の京町家を建替え、お母様と息子さんと、3世代で住みたい。
そんな願いを叶えた新築住宅です。



思い出が詰まった町家にあった古材を解体後に選び抜き、
材木店の協力を得て磨き上げ、随所に再利用しました。

地松を階段吹き抜けの梁として魅せたり、
仕口の跡が残ったままの板を洗面台カウンターにしたり、
空間のアクセントになっています。

リビングにはペレットストーブも設置、
杉フロアは蜜蝋ワックスで仕上げ、
自然素材たっぷりの空間になりました。

日当たりのよい1階の和室はお母さまのお部屋。
2階をリビングルームにしました。

趣味の音楽ルームの壁はセルロースファイバーで防音もしっかり。

京町家の思い出を感じながら、
新しいくらしが見えてきます。

関連施工事例

  1. 木の香る淡海の家【M様邸】

    「木の香りのする家に住みたい・・・」そんな思いで資料請求されたM様。土地をまもなく購入するとの事でした。ちょうどその時募集の、滋賀県木材協会主催『木の香る淡海の家推進モデル事業』に応募され、見事当選し県産桧の柱材をプレゼントされました。

  2. ガルバリウムの家【K様邸】

    「自然素材を使った家を建てたいのですが・・」若いご夫婦からの依頼でした。「草津市内で土地から探して予算はすべて含めて3000万円」とのこと。予算はかなり厳しい、でも若いご夫婦の望みをなんとかしてあげたい!!そんな思いから、Kさんの「住まいづくり」は始まりました。

  3. 草屋根のあるCozyな家【Y様邸】

    「屋根に登ってびわ湖を見たい!」こんな夢のような草屋根の家が完成しました。天窓から屋上に上がれ、四季折々のびわ湖や比良山の景色が堪能できます。又、トイレも、生ゴミも一緒に処理し堆肥として土に戻すコンポストトイレを採用。内部も"木と紙の空間づくり"を実現しました。県内初めての草屋根の家です。

  4. 薪ストーブとブランコの家【J様邸】

    家づくりを考えた時、ともに住まう家族の中で、とりわけ子供たちが健やかに育つ家にしたいと想う方が多いはずです。元気な男の子2人とご夫婦、そしておじいさんの合計5人家族。アウトドアのウッドデッキ、子供と一緒に料理が出来るキッチン、沢山ある本の収納。リビングで勉強が出来るように木のカウンターを掘りこたつ風に作りつけます。 【のびのびと成長出来る家づくり】そんな計画を考えて行きました。

  5. 癒されるのは創られた色でなく、自然の色【M様邸】

    家づくりはモノ選び。たくさんのパーツをひとつひとつ選んでいくことで、「A house only for my family」私たち家族だけの家が出来上がっていきます。木と色にこだわって ひとつひとつを選ばれたシンプルで優しい家の完成です。

  6. 2階リビングの家  おもてなしはお2階で・・【W様邸】

    リビングの窓から差し込む光も、カーテンを揺らす風も、空に近い。2階リビングはそんな心地よさがあります。「どうぞ、上がって・・」誘う階段は無垢の木。柔らかさにつつまれながら、「2階へどうぞ・・」

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る