京町家の 思い出を残した家【京都市:T様邸】




ご実家の京町家を建替え、お母様と息子さんと、3世代で住みたい。
そんな願いを叶えた新築住宅です。



思い出が詰まった町家にあった古材を解体後に選び抜き、
材木店の協力を得て磨き上げ、随所に再利用しました。

地松を階段吹き抜けの梁として魅せたり、
仕口の跡が残ったままの板を洗面台カウンターにしたり、
空間のアクセントになっています。

リビングにはペレットストーブも設置、
杉フロアは蜜蝋ワックスで仕上げ、
自然素材たっぷりの空間になりました。

日当たりのよい1階の和室はお母さまのお部屋。
2階をリビングルームにしました。

趣味の音楽ルームの壁はセルロースファイバーで防音もしっかり。

京町家の思い出を感じながら、
新しいくらしが見えてきます。

関連施工事例

  1. 森の精気に包まれる住まい【I様邸】

    カントリーハウスに憬れておられたⅠ様。玄関を開けると、心安らぐ木質感とふわりと包み込むような香り。大好きなものがとても自然にその場にある。まるで、「お帰り」と心に語りかけるように・・・。 そこは、決して「モデルハウスのように素敵な家」ではなく、「Ⅰさんご家族の家ですよ」と感じさせる家です。

  2. 蔵のある家【S様邸】

    気に入られたのは新しい住宅地の二方道路の土地。東側はガレージに、西側はメイン玄関にとイメージの広がる土地です。 ありきたりな家は願い下げと、何軒もハウスメーカーや工務店をまわってこられたS様。新しい家での夢はたくさんイメージしておられました。

  3. 草屋根と暖炉の家【O様邸】

    滋賀の自然に魅せられて、旧志賀町に購入された土地はびわ湖を見下ろせる高台です。自然が大好きな施主様は、住まいを建てるときもキーワードは自然・ナチュラル。その中でも草屋根の住まいを知り、インターネットで「草屋根」を検索して、私たちにたどり着いてくださいました。

  4. 白が好き【M様邸】

    家づくりをする上で、イメージとしての色はとても大切です。壁や、天井や、カーテンや、照明器具や、設備機器・・たくさんのモノを選んでいくときに、イメージとしての色があると統一感のある家になりますよね。

  5. 4世代で住まう家 U様邸【U様邸】

    核家族の多い中、4世代で住まう家。リビングには大きな吹き抜けがあります。蓄熱式の床暖房を設置し、オール電化で計画。断熱材にはセルロースファイバーを壁、床、屋根に充填、高断熱仕様です。 壁はすべて珪藻土、内装には国産の杉板を使用しました。

  6. 西洋アンティークの家【T様邸】

    時をかけて集めてこられたアンティーク。時をかけて育んでこられた家への思い。置物ひとつ、家具ひとつの置き場所にも、またそれらが生き生きとする壁紙 やライトや内装にも、一つ一つにこだわりを持ち、繰り返し打ち合わせを重ねながら夢が形へと変わっていきました。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る